本多忠升(読み)ほんだ ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠升 ほんだ-ただたか

1791-1859 江戸時代後期の大名。
寛政3年10月9日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)本家の本多忠薫(ただしげ)の4男。本多忠奝(ただひろ)の養子となり,享和3年伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩主本多家5代。大坂加番代,一橋門番などをつとめた。古賀精里(せいり)の高弟で,藩学朱子学に統一し,藩校を教倫堂(こうりんどう)とあらためた。安政6年8月22日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android