コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠永 ほんだ ただなが

2件 の用語解説(本多忠永の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

本多忠永

伊勢神戸藩主。丹後守。号長月庵、清秋、老俳山、隨翁。大阪城代。俳諧を好む。文化14年(1817)歿、94才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠永 ほんだ-ただなが

1724-1817 江戸時代中期-後期の大名,俳人。
享保(きょうほう)9年5月17日生まれ。本多忠統(ただむね)の子。寛延3年伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩主本多家2代となる。日光祭礼奉行,大坂加番代などをつとめ,在任10年で隠居。和歌,茶道をたしなみ,「俳諧ふたわらひ」などを編集した。文化14年5月17日死去。94歳。号は清秋,長月庵,老俳仙など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本多忠永の関連キーワード羅城居初乾峰(3代)菅裏岸貞江桑安祥交寛美高嵩渓三鍼慈徳院樗雲