コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠統 ほんだ ただむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠統 ほんだ-ただむね

1691-1757 江戸時代中期の大名,儒者。
元禄(げんろく)4年6月18日生まれ。本多忠恒の子。寺社奉行,若年寄を歴任し,享保(きょうほう)17年伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)藩主本多家初代となる。1万5000石。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の高弟で,文人大名として知られた。宝暦7年2月29日死去。67歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。字(あざな)は大乾。号は猗蘭(いらん),拙翁。著作に「猗蘭子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

本多忠統 (ほんだただむね)

生年月日:1691年6月18日
江戸時代中期の大名
1757年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

本多忠統の関連キーワード小笠原信胤本多忠永本多忠憲生年月日本多康政本多猗蘭本多忠興本多康桓神戸城神戸藩

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android