コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠義 ほんだ ただよし

美術人名辞典の解説

本多忠義

江戸前期の白河藩主。伊勢生。本多美濃守忠政の三男。名は忠光、幼名は幸千代。14才で大阪夏の陣に初陣。陸奥白河城に居たが致仕し削髪して鈍斎と号した。延宝4年(1676)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠義 ほんだ-ただよし

1602-1676 江戸時代前期の大名。
慶長7年生まれ。本多忠政の3男。14歳で大坂夏の陣に出陣。父の移封にしたがって姫路にうつり,のち姫路分封藩,遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩,越後(えちご)(新潟県)村上藩をへて,慶安2年陸奥(むつ)白河藩(福島県)藩主本多家初代。12万石。延宝4年9月26日死去。75歳。初名は忠光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多忠義の関連キーワード本多忠利(2)村上城跡本多忠平本多忠常本多忠晴本多忠以井上正岑本多忠周

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android