コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河藩 しらかわはん

5件 の用語解説(白河藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白河藩
しらかわはん

江戸時代,陸奥国白河地方 (福島県) を領有した藩。寛永4 (1627) 年に丹羽 (にわ) 長重が 10万 700石で旧会津藩領のこの地に入封したのに始り,同 20年以降榊原氏 14万石,本多氏 12万石,松平 (奥平) 氏 15万石,松平 (結城) 氏 15万石を経て寛保1 (1741) 年には松平 (久松) 氏 11万石が入封し,次いで文政6 (1823) 年から慶応2 (66) 年まで阿部氏が 10万石で在封,のち二本松藩丹羽氏領となり,まもなく廃藩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白河藩【しらかわはん】

陸奥(むつ)国白河に藩庁をおいた。藩主は外様(とざま)の丹羽氏の後,奥州道中の拠点として重視され,譜代(ふだい)の松平(榊原)氏・本多氏・松平(奥平)氏,家門(かもん)の松平(越前)氏・松平(久松)氏,譜代の阿部氏と変遷。
→関連項目宇下人言陸奥国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

しらかわはん【白河藩】

江戸時代陸奥(むつ)国白河郡白河(現、福島県白河市)に藩庁をおいた藩で、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩、親藩(しんぱん)。藩校は立教館、のち修道館。白河には古代に白河関(しらかわのせき)が設けられ、奥羽への出入口として要衝の地となっていた。近世初期には会津の領主蒲生(がもう)氏や上杉氏が白河城代をおいていた。1627年(寛永(かんえい)4)に丹羽長重(にわながしげ)が棚倉(たなぐら)藩から10万石で入封(にゅうほう)、白河城の改修や城下町の整備を行ったが、43年に丹羽氏は二本松藩へ移封(いほう)、代わって上野(こうずけ)国館林(たてばやし)藩の松平(榊原(さかきばら))忠次(ただつぐ)が14万石で入封、以後幕末まで、本多氏2代、松平(奥平)忠弘(ただひろ)、松平(結城(ゆうき))氏3代、松平(久松)氏4代、阿部氏8代と、10万石から15万石で譜代や家門(かもん)が次々と交替した。この間、天明(てんめい)の飢饉最中の1783年(天明3)に藩主となった松平定信(さだのぶ)は、領民救済や農村復興に力を注ぎ、藩を再建。87年には田沼意次(たぬまおきつぐ)失脚後の幕府で老中(ろうじゅう)首座となり、寛政(かんせい)の改革を推し進めた。最後の阿部氏は、1866年(慶応2)に隣の棚倉藩に移封された。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越(おううえつ)列藩同盟と新政府軍との激戦地となり、白河城は落城。以後、明治政府直轄地となり、69年(明治2)に白河県が設置された。次いで71年の廃藩置県により、二本松県を経て福島県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しらかわはん【白河藩】

陸奥国(福島県)白河郡白河に藩庁を構えた藩。1627年(寛永4)丹羽長重が10万石で入部,白河城の大改修と城下町の整備をおこない,近世城下町として面目を一新した。43年松平(榊原)忠次が14万石で就封し,以後幕末まで奥州道中の重要拠点として,49年(慶安2)本多,81年(天和1)松平(奥平),92年(元禄5)松平(結城),1741年(寛保1)松平(久松),1823年(文政6)阿部氏と領主が交替,石高は10万石から15万石で譜代名門大名が配置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白河藩
しらかわはん

陸奥(むつ)国白河(福島県白河市)周辺を領有した藩。近世初期は会津領主蒲生(がもう)・上杉両氏が白河城代を置いて支配、1627年(寛永4)丹羽長重(にわながしげ)が棚倉(たなぐら)から10万0700石で就封し成立した。29年から32年にかけて、丹羽氏は白河城の修築、城下町の整備を行ったが、2代光重は43年二本松に移封となった。以後、奥州街道の重要拠点として、幕府は譜代(ふだい)の名門大名を配置した。上野(こうずけ)国(群馬県)館林(たてばやし)から松平(まつだいら)(榊原(さかきばら))忠次、49年(慶安2)本多忠義(ただよし)、81年(天和1)松平(奥平(おくだいら))忠弘、92年(元禄5)松平(結城(ゆうき))直矩(なおのり)、1742年(寛保2)松平(久松(ひさまつ))定賢(さだかた)、1823年(文政6)阿部正権(まさのり)と頻繁に交替した。
 1650~51年(慶安3~4)本多忠義によって領内総検地が行われ、新たに3万7000石余を打ち出すという過酷なものであった。松平忠弘の時代は藩内が2派に分かれて抗争し、将軍徳川綱吉(つなよし)から藩政不行届で5万石減封のうえ山形に移された。結城松平時代も藩内抗争があり、1720年(享保5)には直矩のあと基知(もとちか)、義知(よしちか)と在封したが、やはり大規模な農民一揆(いっき)が発生した。
 1742年越後(えちご)高田から入部した松平(久松)氏は、2代定邦(さだくに)のとき将軍吉宗(よしむね)の孫にあたる定信(さだのぶ)を田安家から迎えて嗣子(しし)とした。定信は1783年(天明3)奥羽大飢饉(ききん)のさなかに封を継ぎ、領民に質素倹約を令するとともに、江戸から救急食糧を購入し領民に配るなど救済に努めた。田沼意次(おきつぐ)失脚後、老中首座として寛政(かんせい)の改革を断行した。1793年(寛政5)老中を辞任した定信は、再度白河藩の藩政改革を行い、商品作物の生産を奨励し、白河馬市などの市場創設にも努力した。またガラス、陶器、武具などの工芸品を製作させ、藩士の副業に毛織物(ラシャ)を導入するなど殖産政策をとった。また1791年(寛政3)立教館を創設、99年白河と須賀川(すかがわ)に敷教舎(ふきょうしゃ)を建て、庶民の教育も行った。広瀬典(てん)などの学者に『白河風土記(ふどき)』『白河古事考』などの地誌を編纂(へんさん)させ、自らも『集古十種』などを著した。1823年松平定永のとき桑名(くわな)に移封、かわって武蔵忍(むさしおし)から阿部氏が入部し幕末に至った。阿部氏は、正権のあと、正篤(まさあつ)、正瞭(まさあきら)、正備(まさかた)、正定(まささだ)、正耆(まさひさ)、正外(まさと)、正静(まさきよ)と続いたが、1867年(慶応3)棚倉移封となり、翌年また白河に復帰した。戊辰(ぼしん)戦争においては奥羽列藩同盟軍と西軍との間で激戦が展開され、68年5月1日落城した。69年(明治2)8月、民政取締所にかわって白河県となり、二本松県を経て福島県に併合された。[誉田 宏]
『『物語藩史 2』(1976・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の白河藩の言及

【阿部氏】より

…領知高は94年に10万石となる。1823年(文政6)に至り陸奥白河に転じ(白河藩),66年(慶応2)同国棚倉に移封。68年(明治1)奥羽列藩同盟に加わったため6万石に減知。…

※「白河藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白河藩の関連キーワード福島県西白河郡矢吹町赤沢福島県西白河郡泉崎村泉崎福島県西白河郡泉崎村関和久福島県西白河郡矢吹町堤福島県西白河郡西郷村鶴生福島県西白河郡中島村福島県西白河郡矢吹町中畑福島県西白河郡泉崎村踏瀬福島県西白河郡西郷村真船福島県西白河郡西郷村米

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白河藩の関連情報