コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多親秋 ほんだ ちかあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多親秋 ほんだ-ちかあき

1822-1895 幕末-明治時代の教育者,公共事業家。
文政5年6月生まれ。維新後郷里の長崎県高来郡小浜で玄谷(げんこく)塾をひらく。私財を投じて灌漑(かんがい)用のダム建設(広河原(ひろこうら)池)や小浜海岸の護岸工事をおこない,また長崎・佐賀県内の地誌編修に従事した。明治28年7月死去。74歳。号は玄谷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多親秋の関連キーワード明治時代教育者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android