コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多親秋 ほんだ ちかあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多親秋 ほんだ-ちかあき

1822-1895 幕末-明治時代の教育者,公共事業家。
文政5年6月生まれ。維新後郷里の長崎県高来郡小浜で玄谷(げんこく)塾をひらく。私財を投じて灌漑(かんがい)用のダム建設(広河原(ひろこうら)池)や小浜海岸の護岸工事をおこない,また長崎・佐賀県内の地誌編修に従事した。明治28年7月死去。74歳。号は玄谷。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多親秋の関連キーワード日清戦争史(年表)宇田川榕菴ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)深刻小説日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)エマーソンリュミエール兄弟観念小説

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone