本多重益(読み)ほんだ しげます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多重益 ほんだ-しげます

1663-1733 江戸時代前期の大名。
寛文3年生まれ。本多重昭(しげあき)の長男。延宝4年越前(えちぜん)(福井県)丸岡藩主本多家4代となる。家臣間で争いがおこり,監督不行き届きをとわれ,元禄(げんろく)8年領地没収のうえ因幡(いなば)鳥取新田藩(東館(ひがしだて))藩主池田仲澄(なかずみ)にあずけられた。享保(きょうほう)18年2月25日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android