コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多重益 ほんだ しげます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多重益 ほんだ-しげます

1663-1733 江戸時代前期の大名。
寛文3年生まれ。本多重昭(しげあき)の長男。延宝4年越前(えちぜん)(福井県)丸岡藩主本多家4代となる。家臣間で争いがおこり,監督不行き届きをとわれ,元禄(げんろく)8年領地没収のうえ因幡(いなば)鳥取新田藩(東館(ひがしだて))藩主池田仲澄(なかずみ)にあずけられた。享保(きょうほう)18年2月25日死去。71歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多重益の関連キーワード天野信景塩尻総合年表(アメリカ)アウグスト(2世)ポーランド史ファン=フリート紀海音霊元天皇モリエール日本の医学史(年表)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android