本朝続文粋(読み)ホンチョウゾクモンズイ

デジタル大辞泉の解説

ほんちょうぞくもんずい〔ホンテウゾクモンズイ〕【本朝続文粋】

平安末期の漢詩文集。13巻。編者未詳。保延6年(1140)以後成立。「本朝文粋」に倣い、そのあとを受けて後一条天皇から崇徳天皇に至る約120年間の漢詩文約230編を集録。続本朝文粋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんちょうぞくもんずい【本朝続文粋】

漢詩文集。一三巻。藤原季綱撰と伝えるが未詳。近衛天皇(在位1141~1155)の頃成立か。「本朝文粋」のあとを受けて、後一条天皇から崇徳天皇までの約120年間の漢詩文約二三〇編を集録。作者は、藤原敦光・大江匡房・藤原明衡など約四〇人。続本朝文粋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android