コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝続文粋 ホンチョウゾクモンズイ

デジタル大辞泉の解説

ほんちょうぞくもんずい〔ホンテウゾクモンズイ〕【本朝続文粋】

平安末期の漢詩文集。13巻。編者未詳。保延6年(1140)以後成立。「本朝文粋」に倣い、そのあとを受けて後一条天皇から崇徳天皇に至る約120年間の漢詩文約230編を集録。続本朝文粋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんちょうぞくもんずい【本朝続文粋】

漢詩文集。一三巻。藤原季綱撰と伝えるが未詳。近衛天皇(在位1141~1155)の頃成立か。「本朝文粋」のあとを受けて、後一条天皇から崇徳天皇までの約120年間の漢詩文約二三〇編を集録。作者は、藤原敦光・大江匡房・藤原明衡など約四〇人。続本朝文粋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本朝続文粋の関連キーワード菅原在良藤原正家藤原敦宗北条時宗藤原実範日野実綱藤原敦基藤原敦光藤原明衡大江匡房藤原義忠源経信散漫幽玄

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android