コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本石 ホンコク

大辞林 第三版の解説

ほんごく【本石】

江戸時代、関東・東海の国々に行われた年貢米の計量法。著しく劣悪な籾もみ(出目)をふるい落として得られた量をいう。年貢米一俵(四斗)についての出目はほぼ五升であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本石の関連キーワードサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂[ローマ]日本銀行金融研究所 貨幣博物館三菱化学エンジニアリング日短キャピタルグループ長崎屋源右衛門(初代)セラーテムテクノロジー東レエンジニアリング獅子門[ミケーネ]島根県出雲市平田町日本現代詩歌文学館片倉シルク記念館アショーカ王石柱伊佐幸琢(初代)日本橋(東京都)長谷川 かな女セントラル短資長崎屋源右衛門東洋経済新報社日石三菱[株]金子 佐一郎

本石の関連情報