出目米(読み)デメマイ

デジタル大辞泉「出目米」の解説

でめ‐まい【出目米】

江戸時代田租付加税関東を中心に、当初ますに山盛りにして納めた年貢米を、元和2年(1616)にすり切りとし、その代わりに3斗5升に2升を加えたを1俵に入れて納入した。この2升の付加米をいう。出目延べ米

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「出目米」の解説

でめ‐まい【出目米】

〘名〙 江戸時代、年貢の付加税として本来納めるべき年貢米の他に納入させる余分の米。比率は地方によって異なる。
※地方落穂集(1763)五「上州群馬郡の内村村に四六出目といふ納物これ有、は俵入の出目米なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の出目米の言及

【延米】より

…江戸時代,年貢米に対する付加税の一種。出目米(でめまい)ともいう。年貢米を俵詰めするとき,目減りを考慮して一定の割合で付加した米。…

※「出目米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android