コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出目米 デメマイ

デジタル大辞泉の解説

でめ‐まい【出目米】

江戸時代、田租付加税。関東を中心に、当初は枡(ます)に山盛りにして納めた年貢米を、元和2年(1616)にすり切りとし、その代わりに3斗5升に2升を加えた米を1俵に入れて納入した。この2升の付加米をいう。出目延べ米

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出目米の言及

【延米】より

…江戸時代,年貢米に対する付加税の一種。出目米(でめまい)ともいう。年貢米を俵詰めするとき,目減りを考慮して一定の割合で付加した米。…

※「出目米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出目米の関連キーワード地方三帳成箇郷帳郷帳延米

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android