本能寺切(読み)ほんのうじぎれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本能寺切
ほんのうじぎれ

小野篁 (たかむら) ,菅原道真紀長谷雄 (きのはせお) の漢文の一節の書写。本能寺に伝わるのでこの名がある。藤原行成 (972~1027) 筆。紙本1巻,素紙に雲母で文様が刷られている。行草体で前半4行は文字が小さく,後半 29行は文字がやや大きく書かれている。行成の『白氏詩巻』と同筆と認められる。書は端麗温雅で和様の典型を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android