白氏詩巻(読み)はくししかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白氏詩巻
はくししかん

唐の白居易の『白氏文集』中の詩8首を行草体で書いた詩巻。「白楽天詩巻」ともいう。平安三跡の藤原行成筆。寛仁2 (1018) 年8月 21日の書写紙本。国宝。茶,薄茶,薄紫,白の色紙 (いろがみ) を用いている。藤原定信奥書により,この本が小野道風の『屏風土代 (どだい) 』とともに物売り女から入手したこと,および行成の真跡であることが確かめられる。書は温雅優美で和様の典型的な書風をなしている。東京国立博物館蔵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android