行成(読み)こうぜい

  • いきなり
  • こうぜい カウゼイ
  • こうぜい〔カウゼイ〕
  • ゆきなり

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (形動)
① 事がらのなりゆきのまま。十分に考えないで軽率にするさまや、やりっぱなしにするさまを表わす。
※洒落本・傾城買指南所(1778)「先おれも、とふとふ勘当をくらった。是からは、行(イキ)なりといふ世界だ」
② 予期する間もなく突然なさま。だしぬけなさま。
※雑俳・柳多留‐一〇(1775)「いきなりにぼんござへねるぶったくり」
③ だらしのないさま、不作法であるさまを表わす。
※洒落本・二蒲団(1801)「いきなりにしりをひんまくり」
[2] 〘副〙 突然に。だしぬけに。初めから。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五「是は大変何様(どう)した事と往(イキ)なりまづ青くなり」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉一三「行(イ)きなり何をしてゐるかと問はれはすまいか」
[1] 〘名〙 (形動)
① 行くにまかせること。
※俳諧・新類題発句集(1793)秋「行きなりに見て居る秋の蛍かな〈冬李〉」
② なりゆきにまかせてすること。なりゆきのまま。なげやり。いきなり。
※浮世草子・椀久一世(1685)下「其後は宿をも定めず行(ユキ)なり川なりに長堀の材木の上に臥しける」
③ 直接であるさま。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「やぐのたぐひはなくてもくるしからねば両人はゆきなりにかたはらへねころぶと」
[2] 〘副〙 前後の考えなく。突然に。だしぬけに。いきなり。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉初「いづみ湯に入るトゆきなりはだかになり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行成の関連情報