コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘宗秀 ほんじょうむねひで

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじょうむねひで【本荘宗秀】

1809‐73(文化6‐明治6)
幕末期の幕府老中,丹後宮津藩主。宗発の養嗣。1840年(天保11)襲封し,伯耆守と称する。藩政立直しに努め,58年(安政5)寺社奉行に就任。あわせて五手掛として,安政の大獄で捕らえられた志士を審問する。大獄当事者が糾弾されるようになった62年(文久2),所司代を免ぜられ溜間詰から雁間詰に下げられた。しかし64年(元治1)には老中に就任し,第1次長州征伐にかかわり,66年(慶応2)の第2次長州征伐では老中として第一線にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

本荘宗秀の関連キーワード酒井忠績阿部正外牧野忠訓大成教

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android