本荘宗秀(読み)ほんじょうむねひで

世界大百科事典 第2版の解説

1809‐73(文化6‐明治6)
幕末期の幕府老中,丹後宮津藩主。宗発の養嗣。1840年(天保11)襲封し,伯耆守と称する。藩政立直しに努め,58年(安政5)寺社奉行就任。あわせて五手掛として,安政の大獄で捕らえられた志士を審問する。大獄当事者が糾弾されるようになった62年(文久2),所司代を免ぜられ溜間詰から雁間詰に下げられた。しかし64年(元治1)には老中に就任し,第1次長州征伐にかかわり,66年(慶応2)の第2次長州征伐では老中として第一線にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android