コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘宗秀 ほんじょうむねひで

1件 の用語解説(本荘宗秀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじょうむねひで【本荘宗秀】

1809‐73(文化6‐明治6)
幕末期の幕府老中,丹後宮津藩主。宗発の養嗣。1840年(天保11)襲封し,伯耆守と称する。藩政立直しに努め,58年(安政5)寺社奉行に就任。あわせて五手掛として,安政の大獄で捕らえられた志士を審問する。大獄当事者が糾弾されるようになった62年(文久2),所司代を免ぜられ溜間詰から雁間詰に下げられた。しかし64年(元治1)には老中に就任し,第1次長州征伐にかかわり,66年(慶応2)の第2次長州征伐では老中として第一線にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本荘宗秀の関連キーワード三浦呉山中山忠尹豊岡尚資酒井忠鄰下国安芸辰馬きよ子徳含堀田右馬允宮原義直藤原媋子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone