コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本途 ホント

デジタル大辞泉の解説

ほん‐と【本途】

本来の筋道。本来のこと。
本途物成」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんと【本途】

本来の道。本来のありかた。
本途物成ものなり 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本途の言及

【本途物成】より

…江戸時代の年貢で,田・畑・宅地など検地によって高に結ばれた土地に賦課された本年貢で,たんに本途または物成とも略す。同じく農民に賦課されたものであっても,山野・河川の用益に課せられた小物成(こものなり),冥加(みようが)・運上金などの浮役(うきやく),普請・助郷(すけごう)などに夫役(ぶやく)を提供する諸役と区別される。…

※「本途」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本途の関連キーワード年貢可納割付年貢皆済目録運上・冥加五公五民成箇郷帳年貢割付地方三帳野年貢山年貢小物成高請地物成色成年貢筋道本当取箇本来浮役郷帳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android