札幌神社(読み)サッポロジンジャ

大辞林 第三版の解説

さっぽろじんじゃ【札幌神社】

札幌市宮ヶ丘にある北海道神宮の旧称。大国魂神・大己貴神おおなむちのかみ・少彦名神すくなひこなのかみをまつる。1869年(明治2)北海道開拓の守護神として創建。1964年(昭和39)明治天皇を合祀ごうしして、北海道神宮と改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さっぽろ‐じんじゃ【札幌神社】

札幌市中央区宮ケ丘にある北海道神宮の旧称。旧官幣大社。祭神は大国魂神(おおくにたまのかみ)・大那牟遅神(おおなむちのかみ)・少彦名神(すくなひこなのかみ)。北海道開拓の守護神として、明治二年(一八六九)開拓使の設置とともに東京で奉斎し、同四年現在地に社殿を建立(こんりゅう)。昭和三九年(一九六四)明治天皇を増祀して、北海道神宮と改称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の札幌神社の言及

【北海道神宮】より

…明治政府は蝦夷地の呼称を北海道と改めて開拓使を置いた1869年(明治2),開拓の神として大国魂以下の三神をまつる神社の創建を決めた。71年,現在の地に遷座,札幌神社の称号を受け,翌年官幣小社に列し,例祭日を6月15日と定めた。その後開拓が進み北方が重視されるようになるなかで,93年官幣中社,99年には官幣大社に列せられ,開拓の守護神は北海道全土の総鎮守となり,例祭は札幌市民の間で生活を画する最も大きな行事となった。…

※「札幌神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android