コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海道神宮 ホッカイドウジングウ

百科事典マイペディアの解説

北海道神宮【ほっかいどうじんぐう】

北海道札幌市中央区宮ヶ丘に鎮座。旧官幣大社。大国魂(おおくにたま)神,大己貴(おおなむち)神,少彦名(すくなびこな)神をまつる。1869年札幌神社として創建。北海道の総鎮守として崇敬を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

北海道神宮

北海道札幌市にある神社。1869年創祀。祭神は大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、明治天皇。1964年改称。旧称は札幌神社。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっかいどうじんぐう【北海道神宮】

札幌市中央区宮ヶ丘にあり,明治天皇と大国魂,大那牟遅(大己貴)(おおなむち),少彦名の三神とをまつる神社。明治政府は蝦夷地の呼称を北海道と改めて開拓使を置いた1869年(明治2),開拓の神として大国魂以下の三神をまつる神社の創建を決めた。71年,現在の地に遷座,札幌神社の称号を受け,翌年官幣小社に列し,例祭日を6月15日と定めた。その後開拓が進み北方が重視されるようになるなかで,93年官幣中社,99年には官幣大社に列せられ,開拓の守護神は北海道全土の総鎮守となり,例祭は札幌市民の間で生活を画する最も大きな行事となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道神宮
ほっかいどうじんぐう

札幌市中央区宮ヶ丘に鎮座。大国魂神(おおくにたまのかみ)、大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、明治天皇の4神を祀る。明治天皇は維新後蝦夷(えぞ)地の開拓を仰せ出され、1869年(明治2)神祇官(じんぎかん)で国土開拓殖産興業の3神の神霊鎮祭の儀が執行されて、札幌に開拓使長官が派遣され、1871年現在の円山(まるやま)の地に国幣小社札幌神社として創建された。1899年官幣大社に昇格。1964年(昭和39)には明治天皇を増祀(ぞうし)、北海道神宮と改称した。境内には間宮林蔵(まみやりんぞう)を祀る開拓神社がある。例祭は6月15日。翌16日にかけて神輿(みこし)渡御、維新勤王隊の行進があり、札幌まつりとよばれてにぎわう。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北海道神宮の関連キーワード偽旧1万円札事件北海道札幌市札幌(市)円山公園台湾神宮樺太神社帯広神社円山

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北海道神宮の関連情報