コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱学範 しゅがくはん Zhu Xue-fan

2件 の用語解説(朱学範の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱学範
しゅがくはん
Zhu Xue-fan

[生]光緒31(1905).10.5. 浙江,嘉善
[没]1996.1.7. 北京
中国の労働運動指導者。 1928年国民党入党。 32年上海市総工会主席,翌年上海法学院卒業。 39年国府系の中華労働協会理事長に就任 (~49) 。 46年8月モスクワ世界労連執行委員会会議に中国代表として参加したが,国府の弾圧でホンコンに逃れ,48年1月何香凝らと国民党革命委員会を結成し,3月ハルビン中国共産党に協力することを声明した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱学範
しゅがくはん / チューシュエファン
(1906―1996)

中国の労働運動指導者。浙江(せっこう)省嘉善の人。上海(シャンハイ)法政大学卒業。もと郵務工会(労組)の幹部にすぎなかったが、1927年四・一二反共クーデター後、国民党系労働運動指導者陸京士の片腕として頭角を現し、陸の政界転出後は国民党系労働運動の最高幹部となり、1932年国民政府立法委員、1939年中華労働協会理事長となる。1945年パリの世界労連(世界労働組合連盟)成立大会に共産党系労働運動指導者(とうはつ)とともに中国代表として出席、以後共産党系労組との労働戦線統一を図ったため国民政府に弾圧される。1946年11月香港(ホンコン)に逃れ、ソ連経由で1948年解放区のハルビンに入り、中華全国総工会副主席となる。新中国成立(1949)後、政務院郵電部長、全国総工会副主席を務め、1981~1993年には全国人民代表大会常務委員会副委員長を務めた。[阿川修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱学範の関連キーワード一条悦子唐熊江標直言街頭にて1905年10月1日、街頭にてヤナーチェク:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 「1905年10月1日の街角で」/piano solo《光緒朝東華続録》《光緒会典》光緒元宝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone