コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱家寨遺跡 しゅかさいいせきZhu-jia-zhai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱家寨遺跡
しゅかさいいせき
Zhu-jia-zhai

中国青海省湟中県にある彩陶を出土する遺跡西寧の西約 17kmの湟河の北岸にある。 1923年にスウェーデンの考古学者 J.アンダーソンによって調査が行われた。南北 850m,東西 470mほどの遺跡で,遺跡の南寄りには墓地群が存在する。住居址からは甘粛仰韶文化に属する各時期の土器が出土している。 47体の人骨とその副葬品が発見されたが,一般に特別の施設はなく,仰臥伸展葬で,馬廠期に属する彩陶,粗陶,玉,石器,骨器などの各種遺物が出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朱家寨遺跡の関連キーワード甘粛仰韶文化

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android