コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘粛仰韶文化 かんしゅくぎょうしょうぶんかGān sù yǎng sháo wén huà

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゅくぎょうしょうぶんか【甘粛仰韶文化 Gān sù yǎng sháo wén huà】

中国の西北部,甘粛・青海地方に分布した農耕と牧畜を基調とする新石器時代の文化。仰韶文化の発見者J.G.アンダーソンは,1923‐24年黄河上流の甘粛省洮河流域と青海省西寧河岸で彩色土器を伴う多数の遺跡を発見し,斉家期,仰韶(半山)期,馬廠期,辛店期,寺窪期,沙井期という甘粛六期の編年を行った。これは先史時代に関する最初の編年で,前の3期は青銅製品を欠いているから新石器時代後期または金石併用期に,後の3期は青銅器を伴うので青銅器時代初期にあてた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甘粛仰韶文化の関連キーワード皇娘娘台遺跡半山古墓群朱家寨遺跡斉家坪遺跡半山遺跡彩陶

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android