コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘粛仰韶文化 かんしゅくぎょうしょうぶんか Gān sù yǎng sháo wén huà

1件 の用語解説(甘粛仰韶文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゅくぎょうしょうぶんか【甘粛仰韶文化 Gān sù yǎng sháo wén huà】

中国の西北部,甘粛・青海地方に分布した農耕と牧畜を基調とする新石器時代の文化。仰韶文化の発見者J.G.アンダーソンは,1923‐24年黄河上流の甘粛省洮河流域と青海省西寧河岸で彩色土器を伴う多数の遺跡を発見し,斉家期,仰韶(半山)期,馬廠期,辛店期,寺窪期,沙井期という甘粛六期の編年を行った。これは先史時代に関する最初の編年で,前の3期は青銅製品を欠いているから新石器時代後期または金石併用期に,後の3期は青銅器を伴うので青銅器時代初期にあてた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甘粛仰韶文化の関連キーワード支石墓石刀チベット語ツンドラ東海地方吐谷渾祁連山西北タングート

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone