甘粛仰韶文化(読み)かんしゅくぎょうしょうぶんか(英語表記)Gān sù yǎng sháo wén huà

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゅくぎょうしょうぶんか【甘粛仰韶文化 Gān sù yǎng sháo wén huà】

中国の西北部,甘粛・青海地方に分布した農耕牧畜基調とする新石器時代の文化。仰韶文化の発見者J.G.アンダーソンは,1923‐24年黄河上流の甘粛省洮河流域と青海省西寧河岸で彩色土器を伴う多数の遺跡を発見し,斉家期,仰韶(半山)期,馬廠期,辛店期,寺窪期,沙井期という甘粛六期の編年を行った。これは先史時代に関する最初の編年で,前の3期は青銅製品を欠いているから新石器時代後期または金石併用期に,後の3期は青銅器を伴うので青銅器時代初期にあてた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android