コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉並病(読み)すぎなみびょう

百科事典マイペディアの解説

杉並病【すぎなみびょう】

東京都杉並区井草地区にある,都の不燃ゴミ中間処理施設〈杉並中継所〉付近に住む住民が,目や喉(のど),関節などの異常を訴えているもの。杉並中継所は1996年建設されたが,その後,付近の住民の健康被害が続出したことから,〈同施設が出す何らかの化学物質が原因〉とする住民側と,〈環境基準を超える化学物質は検出されておらず,施設が原因とは考えられない〉とする都との間で,対立が続いている。 この間,区や都が実施した大半の調査では,同中継所からの有害物質基準値をはるかに下回っているが,一部調査の結果によって,基準値を超す有害物質が検出されたり,汚水処理が不十分で異臭騒ぎを起こしたりして,施設を一部改修していたという事実も判明した。 被害者は数百人規模に上るともいわれ,その一部は〈化学物質過敏症〉と診断された。症状は喉の痛みなどの耳鼻咽喉科系がもっとも多く,他に関節炎や肩こりなど筋肉・関節系,頭痛や不眠などの神経精神症系など。しかし,同地域内の住民でも,何の異常もみられない人も多い。 2000年3月,都の調査委員会は〈中継所の排水槽の汚水から発生した硫化水素がおもな原因〉とする報告書を提出した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

杉並病

東京都が杉並区に建設した「不燃ごみ中継所」が稼働した1996年から、近隣住民がのどや目の痛み、吐き気などの健康被害を訴えた。都の調査委員会は2000年、原因は中継所の汚水から発生した硫化水素と木の防腐剤の可能性が高いとする見解を発表。一方国の公害等調整委員会は02年、操業開始から4カ月間については、原因物質が特定されなくても中継所から出る化学物質が原因とする裁定を出した。同中継所は09年3月、廃止された。

(2010-05-14 朝日新聞 朝刊 ちば東葛 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android