杉山弥一郎(読み)すぎやま やいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山弥一郎 すぎやま-やいちろう

1824-1861 幕末の武士。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。安政7年3月3日,同志と大老井伊直弼(いい-なおすけ)を桜田門外で暗殺。負傷して熊本藩邸に自首。翌文久元年7月26日処刑された。38歳。名は当人

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉山弥一郎の関連情報