コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本章子 スギモトアキコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本章子 すぎもと-あきこ

1953- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和28年5月28日生まれ。昭和54年儒者寺門静軒を題材にした「男の軌跡」で注目される。平成元年浮世絵師小林清親(きよちか)をえがいた「東京新大橋雨中図」で直木賞をうけ,江戸物ブームの一角をになう。14年「おすず―信太郎人情始末帖1」で中山義秀文学賞。福岡県出身。ノートルダム清心女子大卒。作品はほかに「名主の裔(すえ)」「写楽まぼろし」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉本章子の関連キーワード三遊亭 遊三(初代)御すず杉本名主

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android