杉浦 健造(読み)スギウラ ケンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

杉浦 健造
スギウラ ケンゾウ

明治〜昭和期の医師



生年
慶応2年8月10日(1866年)

没年
昭和8(1933)年8月15日

出身地
甲斐国(山梨県)

経歴
吉岡順作とともに甲府盆地の地方病・日本住血吸虫病の解明に尽力した。大正2年宮入慶之助によってミヤイリガイが中間宿主であることが発見されると、予防・駆除の研究に携わり、撲滅の基礎を作った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android