杉町美千枝(読み)すぎまち みちえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉町美千枝 すぎまち-みちえ

1918-1979 昭和時代の舞踊家。
大正7年2月1日生まれ。郷里佐賀から15歳で上京,石井漠の門にはいる。21歳のとき新宿ムーランルージュに出演するが,昭和18年結婚のため帰郷し,22年杉町バレエ学園をひらく。「面浮立(めんふりゅう)」「松浦佐用姫(まつらさよひめ)」「杵島曲(きしまぶり)」などの創作バレエを発表した。昭和54年8月28日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android