コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面浮立 めんふりゅう

1件 の用語解説(面浮立の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めんふりゅう【面浮立】

民俗芸能。佐賀県地方に分布する風流(ふりゆう)踊の一種。肥前国一帯には大太鼓を中心に締太鼓,大鉦(おおがね),笛,鼓などで囃しながら,華やかな装束や仮面をつけた一行が道行(みちゆき)する民俗芸能が伝承され,〈浮立〉の名で呼ばれる。浮立は風流当て字と思われる。趣向の種類により太鼓浮立,鉦浮立,舞浮立,銭太鼓浮立などがあるが,鬼面をつけ胸に太鼓を吊り下げた一行が行列に参加する浮立を面浮立と呼ぶ。藤津,杵島,小城などの各郡の祭礼に多く見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

面浮立の関連キーワード駒踊太刀踊風流万作踊民俗芸能女舞羯鼓踊小歌踊浮立本田安次

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

面浮立の関連情報