コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面浮立 めんふりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

めんふりゅう【面浮立】

民俗芸能。佐賀県地方に分布する風流(ふりゆう)踊の一種。肥前国一帯には大太鼓を中心に締太鼓,大鉦(おおがね),笛,鼓などで囃しながら,華やかな装束や仮面をつけた一行道行(みちゆき)する民俗芸能が伝承され,〈浮立〉の名で呼ばれる。浮立は風流当て字と思われる。趣向の種類により太鼓浮立,鉦浮立,舞浮立,銭太鼓浮立などがあるが,鬼面をつけ胸に太鼓を吊り下げた一行が行列に参加する浮立を面浮立と呼ぶ。藤津,杵島小城などの各郡の祭礼に多く見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

面浮立の関連キーワード久保田(佐賀県)芦刈(旧町名)杉町 美千枝杉町美千枝鹿島(市)鹿島市浮立面

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面浮立の関連情報