コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井漠 いしいばく

7件 の用語解説(石井漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井漠
いしいばく

[生]1886.12.25. 秋田,下岩川
[没]1962.1.7. 東京
舞踊家。本名石井忠純。日本の現代舞踊の父といわれる。文学を志して上京したが,のちに石井林郎の芸名で帝国劇場付属管弦楽部員,同歌劇部第1期生となり,ジョバンニ・V.ローシーにバレエを学ぶ。山田耕筰と「純舞踊」運動を提唱,1916年には小山内薫山田耕筰の「新劇場」に参加。1922年義妹石井小浪とともに渡欧,1925年アメリカ合衆国に渡り,翌 1926年帰国。1928年東京都目黒区自由ヶ丘に石井漠舞踊研究所を開き,150余の創作舞踊を発表。1938年4月石井漠舞踊学校(10月に石井漠舞踊体育学校と改称)を開設して,チェ・スンヒ(崔承喜),谷桃子石井みどりほか多くの門下生を養成した。1954年東京新聞社の舞踊芸術賞,1955年紫綬褒章を受ける。代表作に,大作『甦る新世界』(1933)や,晩年視力をほとんど失ってから上演した『人間釈迦』(1953,芸能選奨文部大臣賞)などがある。長男石井歓,三男石井眞木は作曲家として活躍。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いしい‐ばく〔いしゐ‐〕【石井漠】

[1886~1962]舞踊家。秋田の生まれ。本名、忠純。帝国劇場歌劇部1期生。現代舞踊の発展に尽力。紫綬褒章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石井漠【いしいばく】

舞踊家。帝国劇場歌劇部第1期生。イタリア人G/V.ローシーバレエを,三浦環らに音楽を学ぶ。1916年小山内薫山田耕筰の〈新劇場〉に参加し,自らの〈舞踊詩〉を発表。
→関連項目崔承喜谷桃子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井漠 いしい-ばく

1886-1962 大正-昭和時代の舞踊家。
明治19年12月25日生まれ。石井歓,石井真木の父。明治44年創設の帝劇歌劇部第1期生で,ローシーにまなぶ。大正5年新劇場にくわわり,11年から義妹石井小浪と欧米各地で公演。帰国後東京自由ケ丘に舞踊研究所を設立し,舞踊詩の創作や後進の育成につくした。昭和37年1月7日死去。75歳。秋田県出身。本名は忠純。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしいばく【石井漠】

1886‐1962(明治19‐昭和37)
舞踊家。本名忠純。秋田に生まれる。日本における洋舞の先覚者。1911年創設の帝国劇場歌劇部第1期生。イタリア人G.V.ローシーからダンスクラシック(古典バレエの基礎),H.ベルクマイスター,三浦環から音楽を学び,石井林郎の名で帝劇オペラに出演した。16年ヨーロッパから帰国していた小山内薫,山田耕筰の〈新劇場〉に参加,石井漠の名で〈舞踊詩〉を発表した。17年,浅草オペラ旗揚げに尽力,大衆向けの喜歌劇を日本館で伊庭孝らと上演した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしいばく【石井漠】

1886~1962) 舞踊家。本名、忠純。秋田県生まれ。帝国劇場・浅草オペラなどに出演。欧米巡演後、創作舞踊に独自の境地を示し、日本の現代舞踊の発展に寄与。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井漠
いしいばく
(1886―1962)

舞踊家。本名忠純。秋田県生まれ。1911年(明治44)帝国劇場歌劇部1期生となり、G・V・ローシーについて古典バレエを学ぶ。15年(大正4)に独立、小山内薫(おさないかおる)、山田耕筰(こうさく)の支援のもとに舞踊詩『物語』『日記の一頁(ページ)』を発表。宝塚少女歌劇の洋舞教師を経て、浅草日本館で浅草オペラの旗揚げ公演を行った。22年から4年間、義妹石井小浪(こなみ)と欧米各地を公演。帰国後は、崔承喜(さいしょうき/チェスンヒ)、石井みどりら多くの後進を育成し、創作舞踊の発展に努めた。代表作『人間釈迦(しゃか)』は、53年(昭和28)芸術選奨文部大臣賞を受賞。著書に『舞踊ざんまい』(1947)などがある。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石井漠の関連キーワードナンバースクール岩石区帝国大学スティーブンソン帝国大学クラークベックマン他形ひん岩帝国大学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井漠の関連情報