コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉若氏宗 すぎわか うじむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉若氏宗 すぎわか-うじむね

?-? 織豊時代の武将。
豊臣秀長につかえ,天正(てんしょう)13年(1585)紀州攻めに従軍して紀伊(きい)田辺(和歌山県)に領地1万9000石をあたえられる。関ケ原の戦いでは,はじめ西軍に属し途中から東軍についたが,遅きに失したため領地を没収された。号は無心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杉若氏宗の言及

【水軍】より

熊野水軍(海賊)に出自をもつ九鬼嘉隆は,織田信長の北伊勢攻撃の際に船将として参加し,志摩一国を与えられて鳥羽に居城した。同じく熊野海賊出身の堀内氏善(紀伊新宮)や杉若氏宗(紀伊田辺)も大名化している。村上水軍(海賊)を構成する能島氏,来島(くるしま)氏,因島氏らは古くから瀬戸内海の交通を支配していたが,同じく瀬戸内の海賊衆である乃美氏,小泉氏,生口氏らは小早川氏の一族であったことから,村上海賊と毛利,小早川氏との間に盟約関係が結ばれるようになる。…

※「杉若氏宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杉若氏宗の関連キーワード豊臣秀長

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android