コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李冶 りや

世界大百科事典 第2版の解説

りや【李冶 Lǐ Yě】

1192‐1279
中国,金末の数学者。李治(りち)とも称される。字は仁卿,号は敬斎。河北省欒城(らんじよう)の人。県知事になったが,金が元に滅ぼされるとともに華北の地を流浪した。その間に一種の代数学〈天元術〉を研究し,これを紹介した《測円海鏡》(1248)および《益古演段》を著し,中国数学に大きな変革をひき起こした。また詩文にすぐれ,《敬斎古今黈(とう)》40巻を残した。しかし江戸時代に天元術が紹介されたのは,李冶の著述ではなく,元の朱世傑の《算学啓蒙》であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android