コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱世傑 しゅせいけつChu Shih-chieh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱世傑
しゅせいけつ
Chu Shih-chieh

中国,元の算学の大家。字は漢卿。号は松庭。燕山 (河北省薊県) に寓居。官途につかないで,各地で算学を教えた。『四元玉鑑』 (3巻,1303) ,『算学啓蒙』 (3巻,1299) が現存。前者は 24門 288問から成り,四元術を説き,難解で普及しなかったが,後者は 20門 259問から成り,天元術を説き,日本にも伝えられた。日本で『算学啓蒙』を理解できたのは,橋本正数沢口一之,関孝和,建部賢弘らごく少数であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐せいけつ【朱世傑】

中国元代初期の数学者。字(あざな)は漢卿。号は松庭。正負の数の四則平面図形の求積、算木を用いて行う天元術(代数)などを明らかにし、江戸時代の和算に大きな影響を与えた。著「算学啓蒙」「四元玉鑑」。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

朱世傑【しゅせいけつ】

中国,元代初期の数学者。生没年不詳。各地を遊歴し数学を教えて生活。《算学啓蒙》(1299年)は天元術算木を用いる一種の代数学)のすぐれた解説書で,日本には17世紀に伝えられて和算の発達に深い影響を及ぼした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅせいけつ【朱世傑 Zhū Shì jié】

中国,元代初期,13世紀の後半活躍した数学者。生没年不明。字は漢卿,号は松庭。燕山(北京)の人。20余年にわたり各地をまわり,最後には当時商工業の繁栄していた揚州の地において数学教授の生活を送った。ほとんど文人官僚によって独占されていた中国の数学が,民間で数学を職業とする専門家朱世傑を生みだしたことは,稀有な現象である。その背後には,当時の都市における商工業の発達という社会的条件が存在していただろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅせいけつ【朱世傑】

中国、元代初期の数学者。その著「算学啓蒙」(1299年)は江戸時代、日本に伝えられ、代数学(天元術)が紹介された最初といわれる。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱世傑
しゅせいけつ

生没年不詳。中国、元代初期、13世紀の後半に活躍した数学者。字(あざな)は漢卿(かんけい)、号を松庭といった。華北の北京(ペキン)に近い燕山(えんざん/イエンシャン)に生まれ、20余年間にわたって各地を遊歴し、数学を教えたといわれ、最後には、当時商業が栄えていた揚子江(ようすこう)下流の町、揚州(ようしゅう)に落ち着き、数学教授をして生活を送った。これ以前、中国の数学史に出てくる数学者というのはほとんどすべて政府の官僚であるが、民間人で数学を専門の職業とする朱世傑のような人物が出てきたことは新しい動きとして注目に値する。その背景には、この時代になって、商工業が発達し、数学への要求が増えてきた社会的条件があげられる。
 朱世傑の著書には1299年の『算学啓蒙(さんがくけいもう)』と、その4年後の1303年に著した『四元玉鑑(しげんぎょくかん)』がある。『算学啓蒙』は、位取りや単位、正負の数の四則、売買、比例、平面図形の求積などを含む優れた数学書であるが、その最後のほうに、当時完成されつつあった代数学の一種で、算木(さんぎ)を用いて一元高次方程式を解く、いわゆる天元術(てんげんじゅつ)を使用した部分がある。この書は、朝鮮を経て、日本にも伝わり、江戸時代の数学者に大きな影響を与えた。和算家関孝和(たかかず)の弟子の建部賢弘(たけべかたひろ)は1690年(元禄3)『算学啓蒙諺解大成(げんかいたいせい)』を著した。『四元玉鑑』は四元の高次方程式を解く方法を記載、13世紀の中国にきわめて高等な数学があったことを示しているが、これは実用には遠かった。この書は日本には伝わらなかった。[大矢真一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朱世傑の言及

【算学啓蒙】より

…1300年ごろの元代に活躍した数学者朱世傑の著述。3巻20門に分け259問を含み,趙城の序(1299∥大徳3)を付して刊行された。…

【中国数学】より

…なお李冶には《益古演段》(1259)の著述がある。元の時代になって朱世傑が書いた《算学啓蒙》はやはり天元術を紹介しているが,江戸時代の数学者にもてはやされ,和算の発達に大きな貢献をした。朱世傑はまた《四元玉鑑》(1303)を著し,四元による計算法を説いたが,この書には級数の和を求める問題が多く含まれ,また(ab)nを展開した時の係数を表示した図がある。…

※「朱世傑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

朱世傑の関連キーワード算木(数学)土師道雲数学史羅士琳疇人伝李冶

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android