コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算学啓蒙 さんがくけいもうSuan-xue qi-meng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

算学啓蒙
さんがくけいもう
Suan-xue qi-meng

中国の数学書。元代の朱世傑著。上中下3巻。大徳3 (1299) 年刊。 24門 259題。明代には亡失して,朝鮮に伝えられ李朝世宗 (在位 1419~50) の頃朝鮮初刻本ができ,嘉慶 14 (1809) 年に中国に逆輸入された。内容は初学者の手引となることを目的として書かれたもので,特に天元術 (一種の代数学) の入門,解説が注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんがくけいもう【算学啓蒙 Suàn xué qǐ méng】

1300年ごろの元代に活躍した数学者朱世傑の著述。3巻20門に分け259問を含み,趙城の序(1299∥大徳3)を付して刊行された。特にその第3巻に,13世紀前半に華北で考案された中国流代数学〈天元術〉をわかりやすく解説した書物として知られる。李朝時代の朝鮮で重刊され,それが豊臣秀吉文禄・慶長の役のころ日本に伝わり,和算の発展に大きな影響を与えた。そのころ伝わった朝鮮重刊本が旧東京教育大学に所蔵されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんがくけいもう【算学啓蒙】

数学書。中国、元の朱世傑しゆせいけつ著。三巻。1299年刊。朝鮮で重刊され、文禄・慶長の役の頃、日本にも伝えられ、和算の発展に大きな影響を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の算学啓蒙の言及

【朱世傑】より

…その背後には,当時の都市における商工業の発達という社会的条件が存在していただろう。1299年(大徳3)に《算学啓蒙》を著し,その後4年を経て《四元玉鑑》を著した。このころ中国では一種の代数学である天元術が創案されたが,《算学啓蒙》はこの天元術を説いた書物としてすぐれている。…

【天元術】より

…天元術に関する現存最古の数学書は金の李冶の《測円海鏡》(1248)である。元の時代に朱世傑は《算学啓蒙》(1299)を著して天元術を解説した。この書物は朝鮮で復刻され,これが豊臣秀吉の文禄・慶長の役のころ日本に伝わり,和算の発達に大きな影響を与えた。…

※「算学啓蒙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

算学啓蒙の関連キーワード村松茂清建部賢弘沢口一之土師道雲数学史関孝和羅士琳李冶

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android