コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李治 りちLi Zhi

1件 の用語解説(李治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李治
りち
Li Zhi

[生]明昌2(1191)
[没]至元16(1279)
中国,金末元初の数学者。李冶 (りや) とも書く。真定欒城 (らんじょう。河北省) の人。字は仁卿,号は敬斎。金,正大7 (1230) 年の進士。金滅亡後放浪し,その間新しい数学を学び,定宗3 (1248) 年に代数学の一種である天元術の先駆をなす『測円海鏡』 (12巻) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

李治の関連キーワード善導寺臨済宗赤間神宮栄西寛喜新制九条兼実建久新制宣陽門院ハインリヒ[6世]ベルン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone