コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李晬光 りさいこう(R)I Su‐gwang

世界大百科事典 第2版の解説

りさいこう【李晬光 (R)I Su‐gwang】

1563‐1628
朝鮮,李朝中期の文臣,実学者。字は潤卿,号は芝峰。全州の人。日本や清の侵略に会う多難な時代に防禦使や都承旨,弘文館提学など数々の官職を歴任し多くの業績をあげた。使臣として3回北京に旅行し,マテオ・リッチの《天主実義》(天主教)の紹介,安南国使との問答による安南(ベトナム)の紹介など新しい知見を朝鮮にもたらした。彼の広い学問と見聞は3435項目からなる《芝峰類説》や《芝峰集》に収められ,実学勃興の原動力の一つとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の李晬光の言及

【李晬光】より

…朝鮮,李朝中期の文臣,実学者。字は潤卿,号は芝峰。全州の人。日本や清の侵略に会う多難な時代に防禦使や都承旨,弘文館提学など数々の官職を歴任し多くの業績をあげた。使臣として3回北京に旅行し,マテオ・リッチの《天主実義》(天主教)の紹介,安南国使との問答による安南(ベトナム)の紹介など新しい知見を朝鮮にもたらした。彼の広い学問と見聞は3435項目からなる《芝峰類説》や《芝峰集》に収められ,実学勃興の原動力の一つとなった。…

※「李晬光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李晬光の関連キーワードトルレス毛利隆元三河一向一揆シュートエリザベス(1世)労働者条例宗教改革史(年表)ルネサンス史(年表)谷衛友大久保忠隣

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android