コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天主実義 てんしゅじつぎTian-zhu shi-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天主実義
てんしゅじつぎ
Tian-zhu shi-yi

イエズス会のイタリア人宣教師マテオ・リッチ (中国名,利馬竇) の著書。万暦 32 (1604) 年刊。明末の中国の知識人のためにキリスト教教理を論じた書物で,上下2巻から成る。中国人学者の質問に西洋のキリスト教学者が答えるという体裁をとり,神による創造から論を起して,キリストによる救いに及んでいる。文章,内容とも中国で出版されたキリスト教書のうちで最もすぐれ,中国人に大きな感化を及ぼした。錘振之の『天学初徴』はこの書を論駁しようとしたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんしゅじつぎ【天主実義 Tiān zhǔ shí yì】

マテオ・リッチ(中国名は利瑪竇(りまとう))の主著イエズス会の宣教師として中国に入ったマテオ・リッチがキリスト教布教のために中国語で著した教理問答書で,1603年(万暦31)に刊行された。基本的構成は先に刊行された《天主実録》を踏襲しながら,内容的には,中国人との直接問答集である《畸人十篇》をとり入れている。論述は中士の問いと西士の答えで展開し,キリスト教,西欧思想と中国の三教(儒,仏,道)思想との相違が随所に示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の天主実義の言及

【天主教】より

…彼は中国人のよき協力者を得て,22種に及ぶ自然科学書・宗教書を中国語に翻訳した。その中で中国人の地理感覚に衝撃を与えた《坤輿(こんよ)万国全図》,ユークリッド幾何学を紹介した《幾何原本》などの自然科学書は西欧,キリスト教文化の卓越性を強調して中国人の尊敬を得るための方便であるが,彼の主著は中国で刊行された伝道書の白眉ともいうべき《天主実義》である。これは中士と西士の問答体により,中西の学術思想,信仰体系の相違を際だたせてキリスト教信仰に導こうとするもので,ここで儒仏道三教が宗教として不全未熟であること,中国の社会慣習が天主教に背いていること,とくに中国人には絶対的救済者の観念が欠落しており,自力で自己救済しようと説くのは人間が神によってそのように創造されてはいないことを知らないからである,などと鋭く批判する。…

※「天主実義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天主実義の関連キーワードマテオリッチ水野軍記李晬光

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android