コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李流芳 りりゅうほう Lǐ Liú fāng

1件 の用語解説(李流芳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りりゅうほう【李流芳 Lǐ Liú fāng】

1575‐1629
中国,明代の画家。字は長蘅,檀園と号した。安徽省歙県(しようけん)の出身で嘉定に流寓した。銭謙益と親交があり,唐時升,婁堅(ろうけん),程嘉燧と〈嘉定の四君子〉と称せられた。万暦34年(1606)の挙人となったが,宦官(かんがん)の専横を嫌って出仕せず,詩書画に自適の生活を送った。元の倪瓚(げいさん),呉鎮を学んで独特の逸気を表した画風を開き,〈画中九友〉の一人に数えられる。【古原 宏伸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李流芳の関連キーワード周臣徐渭石璞沈小霞沈士充陳賢潘曙文伯仁顧瑛呉偉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone