コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李流芳 りりゅうほうLǐ Liú fāng

世界大百科事典 第2版の解説

りりゅうほう【李流芳 Lǐ Liú fāng】

1575‐1629
中国,明代の画家。字は長蘅,檀園と号した。安徽省歙県(しようけん)の出身で嘉定に流寓した。銭謙益と親交があり,唐時升,婁堅(ろうけん),程嘉燧と〈嘉定の四君子〉と称せられた。万暦34年(1606)の挙人となったが,宦官(かんがん)の専横を嫌って出仕せず,詩書画に自適の生活を送った。元の倪瓚(げいさん),呉鎮を学んで独特の逸気を表した画風を開き,〈画中九友〉の一人に数えられる。【古原 宏伸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李流芳の関連キーワード芥子園画伝奚岡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android