李通玄(読み)りつうげん(英語表記)Li Tong-xuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李通玄
りつうげん
Li Tong-xuan

[生]貞観9(635)?
[没]開元18(730)?
中国,唐の在家仏教者,華厳経学者。実叉難陀 (じっしゃなんだ) が訳出した新訳『華厳経』 (80巻) を研究し,これに注解を加え,澄観らに影響を与えた。主著『華厳経合論』『新華厳経論』『華厳会釈』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android