李通玄(読み)りつうげん(英語表記)Li Tong-xuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李通玄
りつうげん
Li Tong-xuan

[生]貞観9(635)?
[没]開元18(730)?
中国,唐の在家仏教者,華厳経学者。実叉難陀 (じっしゃなんだ) が訳出した新訳『華厳経』 (80巻) を研究し,これに注解を加え,澄観らに影響を与えた。主著『華厳経合論』『新華厳経論』『華厳会釈』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android