コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実叉難陀 じっしゃなんだŚikṣānanda

2件 の用語解説(実叉難陀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実叉難陀
じっしゃなんだ
Śikṣānanda

[生]永徽3(652)
[没]景雲1(710)
中央アジアの古都ホータン出身の学僧。万歳登封1 (695) 年,則天武后の命により,『華厳経』の梵本を洛陽に持参し,菩提流支,義浄らとともに翻訳に従事,聖暦2 (699) 年訳了。新訳『華厳経』 80巻として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実叉難陀
じっしゃなんだ
(652―710)

中国唐代、ホータンKhotan出身の訳経僧。サンスクリット名シクシャーナンダiknanda。『華厳経(けごんきょう)』の梵本(ぼんぽん)を洛陽(らくよう)に請来し、則天武后の命により、菩提流志(ぼだいるし)、義浄(ぎじょう)とともに訳出した(695~699)。このとき華厳宗の法蔵(ほうぞう)が筆受の任にあたっている。これが新訳の『八十巻華厳経』である。法蔵『華厳経伝記』や『開元録(かいげんろく)』によれば、その後、『入楞伽経(にゅうりょうがきょう)』(七巻楞伽)、『大乗起信論(だいじょうきしんろん)』2巻、『摩訶般若随心経(まかはんにゃずいしんきょう)』1巻など、計19部107巻を訳したという。704年(長安4)ホータンの老母を見舞うために帰国したが、708年(景竜2)ふたたび至り、大薦福寺に住した。[柏木弘雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の実叉難陀の言及

【華厳経】より

…漢訳3種およびチベット訳が現存し,サンスクリット本は〈十地品〉と〈入法界品〉の章のみがそれぞれ独立の経典として現存する。漢訳は仏駄跋陀羅(ぶつだばだら)Buddhabhadra訳60巻(418‐420),実叉難陀(じつしやなんだ)Śikṣānanda訳80巻(695‐699),般若(はんにや)Prājñā訳40巻(795‐798)で,同名のため,巻数によって《六十華厳》《八十華厳》《四十華厳》と呼んで区別する。ただし,《四十華厳》は〈入法界品〉のみに相当する部分訳である。…

※「実叉難陀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

実叉難陀の関連キーワードロターリiPad Airエチレン生産設備論義大雁塔恵資恵隠阿波富士論義且つ且つ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone