コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李淵 りえん

4件 の用語解説(李淵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李淵
りえん

「高祖[唐]」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐えん【李淵】

[565~635]中国、の初代皇帝。在位618~626。字(あざな)は叔徳。廟号(びょうごう)は高祖。に仕えたが、煬帝(ようだい)の失政に乗じて挙兵し、長安に入って恭帝を擁立。618年、恭帝の禅譲を受けて即位し、群雄を平定して唐を建国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

李淵【りえん】

高祖(唐)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李淵
りえん
(565―635)

中国、唐の初代皇帝(在位618~626)。廟号(びょうごう)は高祖。隴西(ろうせい)の李(り)氏といわれ、五胡(ごこ)十六国時代の西涼(せいりょう)の武昭(ぶしょう)王李(りこう)の子孫と称しているが、それには疑問がある。鮮卑(せんぴ)系の出自であろう。李淵の祖父の李虎(りこ)は、西魏(せいぎ)、北周の時代に、最高位の八柱国の一人となり、死後に唐国公を贈られ、父の李(りへい)がこれを継ぎ、唐という王朝名の起源となった。の妻の父独孤信(どっこしん)は鮮卑族で、李虎と同じく西魏の八柱国の一人であり、独孤信のもう一人の娘は隋(ずい)の文帝楊堅(ようけん)の皇后となっていた。したがって李淵は隋の文帝の甥(おい)にあたる。
 淵は隋代には、地方長官などを歴任し、煬帝(ようだい)の高句麗(こうくり)遠征のときには督運の任にあたり、隋末には太原(たいげん)(山西省太原市)留守(りゅうしゅ)の官となった。このころ天下は乱れ、群雄が各地に興っていた。そのとき淵は突厥(とっけつ)に対して出兵して失敗し、煬帝から逮捕令が出たので、淵の次子の世民(太宗)や太原地方の地方文武官の勧めで、大将軍府をたて、兵をおこした(617年7月)。李淵の軍は隋の首都大興(長安。陝西(せんせい)省西安)へ進撃し、その年11月に20万の軍で大興を占領して、煬帝の孫の代王楊侑(ようゆう)を立てて皇帝とし、煬帝を太上皇とし、大丞相(じょうしょう)府を開いた。618年3月、煬帝が江都(ごうと)(江蘇(こうそ)省揚州)で殺されたことを聞き、淵は代王侑より譲位の形式で、その年5月帝位につき、唐朝を開いて年号を武徳、首都を長安に定めた。ついで、世民を中心に群雄討伐を進め、一方、租庸調法を定めた。621年、唐朝の最大の敵である王世充、竇建徳(とうけんとく)の軍を破り、ほぼ唐朝の優位が決定したが、淵の在位中群雄との戦いは続いた。624年に武徳律令(りつれい)を公布したが、それは隋の開皇(かいこう)律令をほぼ踏襲したものであった。626年6月、玄武門の変が起こり、世民は兄の皇太子建成と弟の斉王元吉(げんきつ)を殺し、世民が皇太子となり、その年8月、世民が唐の第2代皇帝太宗となって、淵は太上皇となった。635年、71歳で死去した。[布目潮
『布目潮風・栗原益男著『中国の歴史 4 隋唐帝国』(1974・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李淵の言及

【高祖】より

…在位618‐626年。姓名は李淵。高祖は廟号。…

【隋】より

…したがって,隋末から唐初の10年間に,全土で数百という膨大な数にのぼった農民の蜂起は,直接には煬帝の暴政への反抗として現れるが,底流には反隋反中央集権の意識が脈うっていたとみなければならない。だがそうした農民の強い意欲から出発した反乱であったにもかかわらず,結局は隋と同じ〈関隴集団〉の系列に属する唐の李淵集団に屈服させられた。それはいいかえれば,広い視野と展望,隋に代わる新たな論理を用意できず,また一つにまとまりきれないという限界性をさらけ出した農民側と,太原(山西省)の地で隋の高官(太原留守)としてまとまった官僚集団と軍事力をもち,広範な人々の期待を結集することができた李淵(高祖)との違いによるものであった。…

【唐】より

…王室の李氏が北周王室の宇文氏,隋王室の楊氏とともに,北魏が北辺に配置した6軍団の一つである武川鎮軍閥の出身であるという共通点をもっていたこともあり,唐の政治と制度には北周と隋のそれらを継承するものが多い。唐朝の国号は,李淵の祖父李虎が漢の太原郡にあたる唐国公の封爵を北周より受け,また李淵が隋より唐王に進封されたことに由来するという。 隋末に各地で反乱を起こした群雄のうちに李淵・李世民父子がいた。…

※「李淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李淵の関連キーワード司馬睿司馬炎蕭道成楊堅劉裕ロマノフ道武帝忽必烈明の十三陵フビライ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

李淵の関連情報