杏色(読み)あんずいろ

色名がわかる辞典の解説

あんずいろ【杏色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい黄赤」としている。一般に、バラ科アンズの熟した果実の色をさし、明るいだいだい。黄色がかった橙色から、赤みがかった橙色まで幅が広い。日本古来の色名ではなく、英名アプリコット(apricot)、仏名アプリコなどの訳語とされる。口紅、女性用の靴や衣料品、カーテンなどの色として日常によく使われる。アンズ自体は種子が生薬しょうやく杏仁きょうにんとして使われるなど、日本でも古くから栽培されていた。花は淡い薄紅色

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android