コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材料産業 ざいりょうさんぎょうmaterial industry

1件 の用語解説(材料産業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

材料産業
ざいりょうさんぎょう
material industry

基礎資材を生産する産業の総称。天然資源を加工して付加価値を高め,産業材料としての中間生産物を生産する産業。銑鉄,非鉄金属,化学,セメントガラス,繊維,木材などのほか,新しくプラスチックなどの合成化学,軽合金,新金属などの各産業が出現している。材料革命の進むなかで,たとえばプラスチックと銑鉄あるいは非鉄金属などとの材料競合もみられ,また既存材料から新規の材料への材料転換も行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

材料産業の関連情報