コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村井中漸 むらい ちゅうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井中漸 むらい-ちゅうぜん

1708-1797 江戸時代中期の和算家。
宝永5年生まれ。京都の儒医。はじめ原田秀箇を名のる。中根彦循(げんじゅん)に算学をまなぶ。久留米(くるめ)藩主有馬頼徸(よりゆき)の知遇をえていた。寛政9年2月24日死去。90歳。肥後(熊本県)出身。名は漸。号は平柯,痴道人。著作に「開商点兵算法」「算法童子問」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

村井中漸 (むらいちゅうぜん)

生年月日:1708年6月16日
江戸時代中期の和算家;儒医
1797年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

村井中漸の関連キーワード生年月日和算家

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android