コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村井政礼 むらい まさのり

美術人名辞典の解説

村井政礼

勤王家。尾張斎聖寺の男。京に出て村井家を嗣ぐ。通称修理少進、号紫山・群玉堂・紫門。変名松延次郎、姓藤原。蔵人所衆。和漢学に通じ兵法和歌を能くする。国事に加わるがその功尽すこと少からず幕史に捕らわれる。慶応3年(1867)歿、37才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村井政礼 むらい-まさのり

1835-1868* 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年6月29日生まれ。蔵人所衆(くろうどどころしゅう)村井家の養子薩長(さっちょう)連合をはかるなどの活動で,文久3年(1863)捕らえられた。京都六角の獄中禁門の変の際の入牢者殺害を見聞し,手記をのこす。慶応3年12月12日刑死。33歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。変名は松延次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

村井政礼 (むらいまさのり)

生年月日:1835年6月29日
江戸時代末期の地下
1867年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

村井政礼の関連キーワード飯泉喜内生年月日勤王家運動家天保尊攘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android