コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村国子老 むらくにの こおゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村国子老 むらくにの-こおゆ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)13年(741)正六位上のとき,上司との不和で讃岐介(さぬきのすけ)を解任された。のち摂津職(せっつしき)をへて,主船正(船を管理する役目の長),能登守(のとのかみ)。宝亀(ほうき)元年(770)光仁天皇即位にあたり外従五位下となり,伊豆(いずの)守,出雲(いずもの)介などを歴任した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村国子老の関連キーワード奈良時代天平官吏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android