コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村国志我麻呂 むらくにの しがまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村国志我麻呂 むらくにの-しがまろ

?-? 奈良時代の官吏。
村国男依(おより)の子。父の壬申の乱での功により,霊亀(れいき)2年(716)田をあたえられた。神亀(じんき)3年(726)播磨(はりま)(兵庫県)印南野(いなみの)への行幸時の造頓宮司(ぞうかりみやのつかさ)となる。天平3年(731)従五位上に昇進。名は志賀麻呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android