コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村国志我麻呂 むらくにの しがまろ

1件 の用語解説(村国志我麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村国志我麻呂 むらくにの-しがまろ

?-? 奈良時代の官吏。
村国男依(おより)の子。父の壬申の乱での功により,霊亀(れいき)2年(716)田をあたえられた。神亀(じんき)3年(726)播磨(はりま)(兵庫県)印南野(いなみの)への行幸時の造頓宮司(ぞうかりみやのつかさ)となる。天平3年(731)従五位上に昇進。名は志賀麻呂ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村国志我麻呂の関連キーワード伊福部男依胆香瓦安倍犬養五十君社戸大口波多小足身毛広村国子老村国嶋主村国虫麻呂陽侯麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone