コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村士淡斎 すぐり たんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村士淡斎 すぐり-たんさい

1700-1772 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)13年生まれ。江戸の人。三宅尚斎(しょうさい)に師事,のち備後(びんご)(広島県)福山藩の儒者となる。また茶事を原田平入にまなび,不厭庵(ふえんあん)とも号した。「茶杓書」「淡斎遺文集」がある。明和9年8月5日死去。73歳。名は宗恒。通称は弥十郎,弥左衛門。姓は「むらじ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村士淡斎の関連キーワード村田良阿弥岡田寒泉村士玉水

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android