コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村山為一郎 むらやま ためいちろう

1件 の用語解説(村山為一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山為一郎 むらやま-ためいちろう

1834-1882 明治時代の農民。
天保(てんぽう)5年6月1日生まれ。武蔵(むさし)箱根ケ崎村(東京都瑞穂町)の名主。かつて名茶の産地だった狭山丘陵に明治初期ふたたび茶園を造成。明治12年ごろ狭山神社に勝海舟書「茶場之碑」を建立した。明治15年12月4日死去。49歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村山為一郎の関連キーワード早稲田大学葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑モーゼル小杉榲邨チェコ文学梅屋勘兵衛(3代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone