村山照吉(読み)むらやま てるきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村山照吉 むらやま-てるきち

1856*-1942 明治時代の自由民権運動家。
安政2年12月16日生まれ。家は美濃(みの)村山村(岐阜市)の庄屋。明治14年濃飛自由党の結成にくわわる。21年機関紙「濃飛日報」の創刊に尽力,同紙発刊の趣意書をかいた。23年社説が孝明天皇国賊論とみなされて不敬罪にとわれ,投獄された。昭和17年1月26日死去。88歳。
【格言など】王公も地下平等也されこうべ(80歳のときの揮毫)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android