村岡藩(読み)むらおかはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡藩
むらおかはん

但馬(たじま)国(兵庫県)七味(しつみ)郡村岡に置かれた外様(とざま)藩。藩主は室町幕府四職家一であった山名(やまな)氏の子孫。応仁(おうにん)の乱後、山名氏は急に没落、山名豊国(とよくに)(1548―1626)のとき、徳川氏に臣従して村岡に6700石を得て交替寄合(こうたいよりあい)となる。世襲して幕末に至り義済(よしずみ)のとき1万1000石に高直しされて大名となった。1866年(慶応2)征長のとき、軍夫役入用割米と米価高騰に全藩一揆(いっき)となり、農民の要求をほぼ入れて解決。1871年(明治4)廃藩置県により村岡県となり、豊岡県を経て76年兵庫県に編入された。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android