コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡藩 むらおかはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡藩
むらおかはん

但馬(たじま)国(兵庫県)七味(しつみ)郡村岡に置かれた外様(とざま)藩。藩主は室町幕府四職家一であった山名(やまな)氏の子孫。応仁(おうにん)の乱後、山名氏は急に没落、山名豊国(とよくに)(1548―1626)のとき、徳川氏に臣従して村岡に6700石を得て交替寄合(こうたいよりあい)となる。世襲して幕末に至り義済(よしずみ)のとき1万1000石に高直しされて大名となった。1866年(慶応2)征長のとき、軍夫役入用割米と米価高騰に全藩一揆(いっき)となり、農民の要求をほぼ入れて解決。1871年(明治4)廃藩置県により村岡県となり、豊岡県を経て76年兵庫県に編入された。[小林 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村岡藩の関連キーワード山名 義路山名 義済兵庫(県)山名義路山名豊国山名義済日新館但馬国小林

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android