コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田嘉言 むらた よしこと

美術人名辞典の解説

村田嘉言

江戸後期の歌人大坂の人。通称七郎、号は吉葛盧・太岳。春門の長男。画も能くした。著書に『新紅塵和歌類題』がある。嘉永2年(1849)歿

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田嘉言 むらた-よしこと

?-1849 江戸時代後期の歌人。
村田春門(はるかど)の長男。大坂の人。はじめ一柳姓。家学をうけて塾でおしえた。絵にたくみで版本の挿絵もおおい。嘉永(かえい)2年6月5日死去。通称は七郎。号は吉葛廬,太岳。著作に「新紅塵(しんこうじん)和歌集類題」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田嘉言の関連キーワード村田春門