コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田春門 むらた はるかど

3件 の用語解説(村田春門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

村田春門

国学者・歌人。初名一柳並樹、号は郁子園。多豆能屋等。橋彦の子。伊勢白子生。本居宣長の門に入り、板倉茂樹・一見直樹と共に白子の三樹と称される。古学歌道を唱え一家を成し、諸生に教授した。著書に『源氏新抄』『新俳諧文集』等がある。天保7年(1836)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらた‐はるかど【村田春門】

[1765~1836]江戸後期の国学者・歌人。伊勢の生まれ。号、田鶴舎(たずのや)など。本居宣長(もとおりのりなが)の門人。幕臣小笠原家に仕えた後、大阪で古学歌道を教え、晩年は水野忠邦の師となった。著「源氏新抄」「新俳諧文集」「田鶴舎日次記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田春門 むらた-はるかど

1765-1836 江戸時代後期の国学者。
明和2年2月11日生まれ。村田橋彦の養子。本居宣長(もとおり-のりなが)の門人。一時,一柳と改姓。幕臣小笠原(おがさわら)家につかえ,のち大坂で古典,歌学を門人におしえた。晩年は水野忠邦(ただくに)の師となる。天保(てんぽう)7年11月24日死去。72歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は宮崎。号は田鶴舎(たずのや)など。家集に「多豆(たず)の毛衣」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

村田春門の関連キーワード山本亀園国学者加藤千年蔵田花子三鍼那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone