コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田春門 むらた はるかど

美術人名辞典の解説

村田春門

国学者・歌人。初名一柳並樹、号は郁子園。多豆能屋等。橋彦の子。伊勢白子生。本居宣長の門に入り、板倉茂樹・一見直樹と共に白子の三樹と称される。古学歌道を唱え一家を成し、諸生に教授した。著書に『源氏新抄』『新俳諧文集』等がある。天保7年(1836)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村田春門 むらた-はるかど

1765-1836 江戸時代後期の国学者。
明和2年2月11日生まれ。村田橋彦の養子。本居宣長(もとおり-のりなが)の門人。一時,一柳と改姓。幕臣小笠原(おがさわら)家につかえ,のち大坂で古典,歌学を門人におしえた。晩年は水野忠邦(ただくに)の師となる。天保(てんぽう)7年11月24日死去。72歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は宮崎。号は田鶴舎(たずのや)など。家集に「多豆(たず)の毛衣」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

村田春門の関連キーワード芦辺田鶴丸野之口隆正大国隆正殿村茂済近藤芳樹安藤野雁江森月居村田春野片岡寛光稲室足穂植村正路村田嘉言大矢重門安部惟貞岩崎美隆住友友善伴信友村田月居

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android